雪道の運転 準備編(車)

これも必要!これも必要!と積んでいくとかさばるし 費用もかかるので 絶対にこれだけは!と インストラクターの人たちのアンケートを元に必要な品々は次の通り。

牽引ロープ
雪道では雪溜りに突っ込んだり雪でわからなかった溝にタイヤが落ちたりなど自力で脱出できなくなることもしばししば
ブースターケーブル
想像以上に温度が下がりバッテリーが上がってしまうことも。 ただこれら二つは雪道に関係なく常備しているほうがいい
懐中電灯
暗闇でチェーンを装着したりすることも多いので必ず持っていきましょう。(額につけれるのがあればより便利)
軍手
できれば肘くらいまである長めのタイプが便利です。チェーンをつける時はタイヤハウスの奥に手を突っ込んで作業します。もちろん 防水とか防寒とかのがあればより便利です。
タイヤチェーン
別の項目で種類などの詳細は記載しますが タイヤにあったサイズを必ず調べて
選びましょう。
針金
余ったチェーンや切れたチェーンをつなぐ。
スコップ
絶対とはいいませんが 想像している以上に雪国の雪は積もります。ひとつあれば何かと便利です。
段ボール
ドロドロになった道に膝をついて作業したり 雪だまりでタイヤがスタックしたときに下に差し込んだり。そしていらなくなれば直ぐに捨てられる。 きれいな段ボールなら子供とかをその上に立たせて着替えさせたり ソリの代わりにもなります。(これはお奨めしませんが 意外とよく滑る)
ジャッキ
チェーンに慣れていない人はこれがあると便利かも。チェーンだけじゃなくタイヤ交換は雪道以外でも起こりうる事態です。
地図
最近はナビがついている車も多いですが 冬季通行止めの道も多いので必ず事前に確認してて下さい。
これ以外にあれば かなり便利!
解氷剤
長い間 駐車しているとフロントガラスは霜がいっぱい。 市販されている解氷剤をつかえば鍵穴とかにも使用可。
スクレイパー
解氷剤と併用すれば 割と簡単に霜はとれます。
予備ヒューズ、予備バルブ(ヘッドライト)
寒いところでは電気系統の故障も多くなります。 安くで手に入るヒューズは購入していても損はないかも。
専用ウォッシャー液
普通のでは凍結してでなくなることもしばしば。そして専用のケミカル剤のを購入すれば雪もガラスにつきにくくなります。
スノーブラシ
柄の伸縮するのがあれば便利。車に降り積もった雪を下ろすのには便利。

インストラクターからのアドバイス

ディーゼルエンジンは寒冷地に行けば軽油が凍ってしまうことが多々あります。高速道路降りる前もしくは現地到着前に軽油を必ず補充しておきましょう。現地の軽油であれば寒冷地用なので凍らないはずです。

都会と違い山間部のガソリンスタンドは営業時間が短いかもしれないのでできればサービスエリアにあるガソリンスタンドで補充しておくのがベストです。

燃料も値上がりして高速道路のスタンドとあまりかわりません。
寒いところではバッテリーもあがりやすくなります。暫く交換していないな〜と思ったらお店などでチェックしてもらうなどして 必要に応じ交換してください。

雪道の走り方 TOPへ   お申し込み
お問い合わせは
こちら
CONTENTS
1.雪道の運転 準備編(車)
2.雪道の運転 準備編(以外編)
3.雪道の運転 心構え編
4.雪道の運転 基本編
5.雪道の運転 滑りやすい場所
6.雪道の運転 パニック編
7.雪道の運転 駐車編
8.雪道の運転 タイヤ編
9.雪道の運転 チェーン編
10.スキーキャリア ルーフボックス編
11.雪道の運転 やっちゃった編
12.雪道の運転 便利情報リンク集
13.スキー スノーボードリンク集
雪道の走り方トップページへ