雪道の運転 基本編

インストラクター達にとったアンケートから多かった回答をあげてみました。
雪道運転に気をつけることは?
  • 雪が降り始めたからといってすぐに 怖がらなくても大丈夫。
  • 一般的に言われる 急がつく 急ブレーキ 急ハンドル 急発進などは避ける。
  • 薄暗くなったら早めにライトはつける。
  • 4WDだからといって過信しない。特にノーマルタイヤの4WDは 絶対にチェーンは必要。
  • 少し怖いなと思ったら チェーンをつけれる場所を見つけ早めにチェーンをつける。
    細い山道に入ったら車を止めるスペースがなくなってくることもある。
  • いざという時は ABSがついている車はABSを利用してブレーキを踏んだ方がいい事もあるので事前に一度練習しておく。
  • 車間距離は 必ずあける。
  • 橋の上では路面以上に温度が下がっているので凍っていることが多い。
  • トンネルで快適に走り出口付近で スリップすることも多いのでトンネル出口付近は気をつけて。もちろんトンネル内も凍っていることはよくあります。
  • 下り坂のカーブは本当に滑りやすいので エンジンブレーキなど利用しスピードを落としてカーブに入る。
  • 急な上り坂は一度止まると 発進できなくなることがあります。 なるべく止まらなくていいように車間距離はあける。
  • 慣れない雪道運転は 想像以上に疲れるものです。余裕を持って休憩を時々入れる。
  • 輪だち  雪道をたくさんの車が走ることにより道路に雪のレールの様なものができています。
    この輪だち 基本的にはこれに沿って走るのが楽。ハンドルは強く握り過ぎず ガタガタするのを 楽しむ(余裕はない?)くらいの気持ちで走ってみる。 あえて逆らって走るほうが大変のはず。
    但し 深すぎる わだちは 底をすったりするので 車高などを考えて走る。
  • 駐車していた車に雪が降り積もっていたら ある程度は排除してから走行する。走行中に上から滑り落ちてきて フロントガラスの視界をふさぐと とても怖い。
  • 地吹雪や吹雪。経験しないとわかりませんが視界も悪く一時的に平衡感覚麻痺したり視界が遮られます。 車間距離をあけ運転し 休憩できる状況であれば早めの休憩を。目は相当疲れています。

インストラクターからのアドバイス

雪道に慣れていないのであれば是非 ブレーキテストをしてみて下さい。
周囲に車がないことを確認して平坦な道で軽くブレーキを踏んでブレーキテストを試みてみる。 もちろん同乗者がいれば ‘ブレーキテストしま-す!’と宣言して下さい。びっくりされますから。

雪国ナンバーの車だから 雪道の運転は上手なはずだ!なんて思わないでください。下手な人もたくさんいます。

雪道の走り方 TOPへ   お申し込み
お問い合わせは
こちら
CONTENTS
1.雪道の運転 準備編(車)
2.雪道の運転 準備編(以外編)
3.雪道の運転 心構え編
4.雪道の運転 基本編
5.雪道の運転 滑りやすい場所
6.雪道の運転 パニック編
7.雪道の運転 駐車編
8.雪道の運転 タイヤ編
9.雪道の運転 チェーン編
10.スキーキャリア ルーフボックス編
11.雪道の運転 やっちゃった編
12.雪道の運転 便利情報リンク集
13.スキー スノーボードリンク集
雪道の走り方トップページへ