雪道の運転 心構え編

チェーンをつける時って 外は寒くて雪が降ってて道路が滑りやすくなっている状態だってあたりまだけど 想像できます?
つまり チェーンをつける時の条件は決して よろしくない!って事です。

ましてやあたりが暗かったりするととっても不安になります。

本当に一度もつけたことのない人は 雪のない普通の道で一度つける練習をすることを お薦めします。

一度でも練習しておけば 説明書見ながら現地でつける時も気持ちに余裕がでてきますよ。 できれば2,3回やることが望ましいかも。



インストラクターからのアドバイス

最近は簡単にワンタッチというのがチェーンで売っているようですが 本当にワンタッチじゃありませんから 是非練習してしっかり締めてチェーンが緩まないように装着 してください!
せっかくつけたチェーンが緩んだら 何の意味もありません!

雪道の走り方 TOPへ   お申し込み
お問い合わせは
こちら
CONTENTS
CONTENTS
1.雪道の運転 準備編(車)
2.雪道の運転 準備編(以外編)
3.雪道の運転 心構え編
4.雪道の運転 基本編
5.雪道の運転 滑りやすい場所
6.雪道の運転 パニック編
7.雪道の運転 駐車編
8.雪道の運転 タイヤ編
9.雪道の運転 チェーン編
10.スキーキャリア ルーフボックス編
11.雪道の運転 やっちゃった編
12.雪道の運転 便利情報リンク集
13.スキー スノーボードリンク集
雪道の走り方トップページへ